トップページ 自主企画レポート ホワイトペーパー 独自研究調査 依頼調査 会社概要
トップページ > 自主企画レポート > 放送

放送

★Key:アナログ停波は確実に可能 地デジ問題は終息 アナログ跡地利用の本格検討
    TVの40型超級の増加


◆2009年放送の環境・構成(NSlaboが整理した、放送環境)



◆年表:放送の経緯とロードマップ



◆デジタルテレビ世帯普及率



・デジタルTVの普及見込み(期待値)と、普及度調査の結果、それを参考にした予測である。
・デジタルTVの普及は、2006年6月に1,000万世帯で約20%、半年後の2007年1月に23%の普及。見込み・期待値では、2008年8月ごろには、50%を越えているという筋書きであった。しかし、2008年内を通じ、普及実態は見込みを下回っている状態であった。
・しかし、2009年の春以降、見込み値に近い状態に移行してきている。一般のデジタルTV購入意欲は顕在であり、消費全般にわたり一時控えたことが、逆に反動となり春以降の需要につながっているものといえる。今後の普及状況は、見込みに相当する普及率で、推移すると見てよいものと考えられる。

◆光回線放送関連図:IP/RFとコンテンツ





◆資料のお申し込みはこちら◆⇒  お問い合せはこちら
日本・社会システムラボラトリーのサービス一覧
日本・社会システムラボラトリーの最近のレポート
日本・社会システムラボラトリーの連絡先