トップページ 自主企画レポート ホワイトペーパー 独自研究調査 依頼調査 会社概要
トップページ > 会社概要 > 社長の略歴
会社概要 挨拶 社長の経歴 年間の活動 事業の領域
1989年
市場調査会社、富士経済グループ企業(F.M.C)に入社。
1991年
春、アナログHDTV(MUSE)の2000年予測調査実施。後のテレビ・放送関連テーマの基礎となる。夏、コンテンツビジネス関連、マルチメディア・アプリケーションソフトウェア市場調査実施。後のデジタルコンテンツテーマの基礎となる。
1992年
株式会社富士キメラ総研が設立され、在籍。コンテンツビジネス関連調査資料(マルチメディアソフト調査)を手がける。
1994年
薄型テレビ登場を展望するため、ディスプレイの市場調査レポート着手。
1996年
CSデジタル放送開始に先立ち、デジタル衛星放送の調査レポート着手。特別募集で、PDP(プラズマディスプレイ)の開発実態。市場展望調査実施。
1998年
以降、テレビ・放送関連、デジタルコンテンツ関連調査を毎年継続。米国CSデジタル放送国内事業展開のための調査に従事。
2000年
BSデジタル放送開始、に先立つ放送関連調査に従事。PDPテレビに関連して、経済番組”ワールドビジネスサテライト“(TX)でコメント。
2001年
総務省講堂で講演。コンテンツ流通に先立ち、テーマはデジタルメディアの中のブロードバンドインフラ。
2002年
PDP大量産に伴ない、特別募集で、業務用PDPの開発実態。市場展望、調査実施。
2003年
次世代ロボット、パートナロボットを、IT機器と位置づけて調査テーマとする。次世代ロボットテーマで株式経済番組“オープニングベル”(TX)出演、次世代ロボットテーマBS情報番組パネラとして出演。韓国コンサルティング会社の招きで、講演。テーマ:次世代携帯電話とキーデバイスの現況と将来展望。放送コンテンツ、Webコンテンツなどコンテンツビジネスを絡めて講演。
2004年
次世代ロボット、パートナロボットの調査レポート作成に従事。トヨタのパートナーロボット発表に伴ない、NHKニュースでコメント。光回線利用の映像ビジネス関連調査に従事。
2005年
九州、自治体の招きで勉強会講演。テーマはパートナロボットの現状と市場性。台湾技術雑誌社の招きで、講演。テーマは、 LCD-TVとHDTVの最新動向。
2006年
テレビ・放送関連、デジタルコンテンツ関連の調査に従事。
2007年
コンテンツビジネスの一つ、デジタルサイネージを取り上げ、特別募集企画デジタルサイネージ事業性検討調査実施。
2008年
これまでのテーマに注力するため、富士キメラ総研退社。独立